交渉で回収する前に

売掛金の回収は、まず最初に内容証明郵便によって回収するのがオーソドックスな方法だとされています。内容証明郵便とは、どういった内容のものを誰が誰へ向けて出したのかを日本郵便が証明するという制度で、この内容証明郵便で回収を促すのがまず最初に行うべき方法です。しかしこの内容証明郵便そのものには法的な効力はありませんから、これだけでは回収を渋る方もいます。そうなった場合には交渉による売掛金回収を考えなくてはいけません。

交渉による回収は債務者と直接交渉をして売掛金の回収をする事ですが、交渉次第では相手との関係悪化を招いてしまう危険もある方法です。特に経営者にとっては売掛金を回収できたとしても、相手との関係が悪化してしまっては意味がありませんから、交渉は慎重に行わなくてはいけません。また、任意の話し合いによって回収について決める事になるため、交渉が上手くいくかどうかが全て債権者の交渉力次第になってしまうという点もネックになってくるでしょう。

売掛金の回収をするための手段として、交渉は法律などの拘束力はありませんが、場合によっては法律での回収をするよりも良い結果をもたらす事もある方法です。しかし失敗した場合には売掛金の回収が難しくなるというだけではなく、相手との関係悪化を招くという事態にもなりかねません。交渉によって回収を行う場合、きちんとした準備が必要となってくるでしょう。

Pocket