専門家を探す基準とは

弁護士などの専門家に依頼をするという場合、どの専門家に依頼すればよいのかを選ばなくてはいけません。しかし初めて依頼するという人は、どのような基準で選べば良いのかわからないのではないでしょうか。依頼する弁護士を選ぶ時にまず気を付けておきたいのは、その弁護士の実績がどのようなものであるかという点です。弁護士にも得意不得意があり、売掛金の回収に関する経験が少ない方に依頼をしても、求めている結果になる確率は低くなってしまうでしょう。実績のある弁護士を選べるよう、実績には注目しておくと良いです。

もうひとつ注目したい基準として、なるべく近い場所にある事務所などを選ぶという点です。売掛金の回収交渉に関しては、ある程度の頻度で連絡を取る必要があります。そうなった際に遠い場所にある事務所を選んでしまうと直接会って連絡を取るという場合にも不便ですし、出張費用など余計なコストがかかる事があります。経営者の方が利用する場合は、なるべく自社に近い場所にある事務所を探すようにして、スムーズな連絡が可能となるようにしておくと便利です。

弁護士事務所に売掛金回収の交渉を依頼する場合、特に実績に注目しておかなくてはいけません。実績のない弁護士に依頼をするとスムーズに交渉がいかない場合もありますし、信頼して任せられるかどうかわからないので不安にもなってしまいます。きちんと実績を公開している弁護士を選び、交渉を依頼する事でスムーズな交渉を期待する事ができます。

Pocket

専門家に依頼する

売掛金を回収する方法として交渉を選ぶ場合、自分で行うか弁護士など専門家に依頼するかを選ばなくてはいけません。自分で交渉を行うメリットとしては、回収に対してコストがかからない、交渉にかかる時間を自分の都合である程度調整できるといったものがありますが、素人の場合は交渉そのものが失敗しやすい、失敗した時に相手との関係悪化を招きやすいなどのデメリットも持っています。ですから交渉による売掛金の回収を行う場合、なるべくならば弁護士などの専門家に依頼するようにしましょう。

専門家に依頼するメリットとしては、やはりプロですから交渉がスムーズにいきやすい、もし交渉による回収ができなかった場合すぐに法的手段に移行する事ができ、さらに法的手段をとる際に新しく弁護士を探す必要がないという点です。売掛金の回収は、相手次第という部分が多く中には開き直って返済を行わないという人もいます。そういった人との交渉は素人では難しいですし、いざとなれば法的手段を取る事になりますから、それから専門家を探して依頼するというのは余計な手間がかかります。

専門家に依頼するデメリットはコストがかかってしまうというものですが、売掛金の回収ができなかった場合を考えれば、その可能性を少しでも低くできるという点では弁護士などに任せた方が良いと言えるでしょう。

Pocket

交渉で回収する前に

売掛金の回収は、まず最初に内容証明郵便によって回収するのがオーソドックスな方法だとされています。内容証明郵便とは、どういった内容のものを誰が誰へ向けて出したのかを日本郵便が証明するという制度で、この内容証明郵便で回収を促すのがまず最初に行うべき方法です。しかしこの内容証明郵便そのものには法的な効力はありませんから、これだけでは回収を渋る方もいます。そうなった場合には交渉による売掛金回収を考えなくてはいけません。

交渉による回収は債務者と直接交渉をして売掛金の回収をする事ですが、交渉次第では相手との関係悪化を招いてしまう危険もある方法です。特に経営者にとっては売掛金を回収できたとしても、相手との関係が悪化してしまっては意味がありませんから、交渉は慎重に行わなくてはいけません。また、任意の話し合いによって回収について決める事になるため、交渉が上手くいくかどうかが全て債権者の交渉力次第になってしまうという点もネックになってくるでしょう。

売掛金の回収をするための手段として、交渉は法律などの拘束力はありませんが、場合によっては法律での回収をするよりも良い結果をもたらす事もある方法です。しかし失敗した場合には売掛金の回収が難しくなるというだけではなく、相手との関係悪化を招くという事態にもなりかねません。交渉によって回収を行う場合、きちんとした準備が必要となってくるでしょう。

Pocket

売掛金回収のために

売掛金とは未収金の売り上げ金のことで、帳簿上でこのように呼ばれる簡単に言うならばツケのようなものです。この売掛金は基本的には1ヵ月ごとに回収していくもので、この売掛金回収を管理する台帳を得意先元帳と呼びます。売掛金回収はスムーズに行えれば問題はありませんが、個人事業主や経営者をしている中でどうしても売掛金回収が滞ってしまうという事もあります。売掛金回収がうまくいかないまま取引先が倒産し、未回収という事態になってしまうのは最悪ですから、きちんと回収を行えるようにしなくてはいけません。

倒産による未回収となった売掛金は回収する事ができません。ですからそうならないように、きちんと交渉による回収を心がけるようにしてスムーズな売掛金回収を行っていく必要があります。ですが交渉と言ってもどのように行えばいいのか、自分でやっても良いものなのかがわからないと交渉をする事は難しいですし、失敗して売掛金の回収が余計に困難になるという事態にもなりかねません。そういったことにならないためにも、売掛金回収の交渉をどのようにすればいいのかを知っておくべきです。

売掛金回収を交渉によって行う場合、どのように交渉をすればいいのか、自分で交渉を行うべきなのかプロに任せるべきなのか、プロを雇う場合はどのように見つければいいのかなどを知っておくと便利です。スムーズな回収を行うためにも交渉について知識を得ておくことは重要ですから、きちんとした知識を身に着けておきましょう。

Pocket